ファンデーション

豆類に含まれるコエンザイムQ10

一説に、ビタミンEを越える抗酸化作用があり、老化防止に役立つと言われ、近年人気が高まっているコエンザイムQ10。
もともと細胞内で生命維持のためのエネルギー生成に携わっている物質で、さまざまな食品からも摂取することができます。

食品のなかでも、特にイワシやサバなどの青魚、豚肉や牛肉など動物性食品にコエンザイムQ10は多く含有されています。量としては、イワシで100g中6.4mg、牛肉で3.1mg程度です。
他にも菜種油やホウレン草などの野菜、豆類からも摂取できます。

特に豆類に限ると、ピーナッツが100gあたり2.7mg程度と、生大豆の1.9mg などに比べても含有量が多めですが、枝豆やピスタチオ、豆腐や味噌にもコエンザイムQ10は含まれています。
また、豆類は、他にも健康成分が多様に含有しているので、いろいろな効果を期待して摂取できる食品とも言えます。

例えばピーナッツを考えると、コエンザイムQ10以外にも、多くのビタミンやミネラル、食物繊維などの注目成分が含まれ、健康効果もいろいろです。
コレステロールを抑える働きがあるオレイン酸やリノール酸、腸内環境を整えるオリゴ糖、抗酸化作用で生活習慣病の予防にも役立つビタミンEも含まれます。
さらに、貧血や記憶力の改善、肝臓のアルコール代謝、血液サラサラ効果などが、ピーナッツの健康効果といわれます。
なお、コエンザイムQ10は加熱調理によって減少することがありますので、注意が必要です。

どんな食品でも食べ過ぎは良くありませんが、豆類のなかでもポピュラーなピーナッツは、ほかの豆に比べ値段的にも気軽に購入できます。
コエンザイムQ10のためだけに一日何キロも食べるわけにはいきませんが、ピーナッツを少しつまんだら、老化防止になっているかも、と思うのは楽しくないでしょうか。

コエンザイムQ10は1日摂取目安量が100mg~300mgとされ、目安量をピーナッツだけから摂ろうとすると、1日約4kgのピーナッツを食べ続けなければなりません。
ちなみにイワシだけなら一日25匹程度です。
両方とも現実的ではないので、幅広くほかの食品やサプリメントと上手に組み合わせることをおすすめします。