ファンデーション

体の内側から若々しく

最近、広告などでもよく見かけるコエンザイムQ10には美肌効果や疲労・虚脱感の回復などさまざまな効果効能がみられます。
ここでは、「アンチエイジング効果」と「基礎代謝アップによるダイエット効果」について見ていきます。
コエンザイムQ10は、細胞の中で二つの大きな役割を担っています。
過剰になった活性酸素が細胞を傷つけるのを防ぐ抗酸化作用と、細胞内でエネルギーを作る工場・ミトコンドリアで作業効率を高める働きです。

ウイルスの除去など細胞内で重要な役割を担っている活性酸素は、過剰な量になると細胞を酸化させて傷つけてしまいます。
本来は、コエンザイムQ10の抗酸化作用で、不要な分を除去し、必要な活性酸素だけが残されますが、コエンザイムQ10が不足すると、過剰になった活性酸素が細胞を酸化させ、身体全体が細胞から老化していくのを止められなくなります。
細胞の酸化は肌のシミやしわ、血管の硬化など老化を進めてしまうわけです。
ですから逆に、不足があれば補うことで「アンチエイジング効果」が期待できます。

また、細胞内にコエンザイムQ10が十分にあれば、体内の脂肪や糖をどんどん燃やし、エネルギーの生産効率が上がります。
つまり、基礎代謝が上がって取り入れた脂肪や糖が消費されるので、これがダイエット効果となります。
言い換えれば、体重が多く体脂肪率が高い人の多くは、コエンザイムQ10が少ないために、基礎代謝が上がらず、摂取したもの身体に貯め込む状況に陥っている可能性があります。
不足分を補えればエネルギー生産が増え、基礎代謝の上昇につながり、取り入れた脂肪や糖が多く消費されるので、コエンザイムQ10の摂取がダイエットに繋がります。
また、動脈を拡張し血流を正常に保つ働きもあり、下半身のむくみ解消にも効果が見られます。

コエンザイムQ10のアンチエイジング効果と基礎代謝アップによるダイエット効果は、身体の内側から健康を支えます。
全身にエネルギーが増し、外見にも若々しさが保たれ、日常生活をハツラツと送ることができるでしょう。