ファンデーション

サビを防いで明るい毎日を

ある程度以上の年齢層では、実は同じ年齢なのに、他に比べて見た目に若々しく元気な方がいらっしゃいます。
そこにどんな秘密が隠されているのでしょう。
もしかしたら、コエンザイムQ10の抗酸化作用・老化予防効果で体内の活性酸素が適量に保たれているからかもしれません。
老化に関する研究は日々進んでいますが、現在でもわかっていることの一つが、加齢によって細胞内のコエンザイムQ10が減少すると、活性化酸素が過剰な状態になることです。
活性酸素は、ウィルスの攻撃から細胞を守るなど、元来、身体にとって良い働きをしますが、過剰だと、いわゆる「身体がサビる」原因となってしまい、細胞は酸化し老化が進みます。
生来、活性酸素を抑制する酸化防止機能が身体に備わっていますが、加齢やストレス、紫外線などによって、徐々に処理能力が落ち、活性酸素が増えることになります。
コエンザイムQ10は、細胞内でエネルギー生成にも関わり、身体の抗酸化作用を支える物質の一つです。
残念ながら20歳をピークに体内から減少してしまうので、この時、活性酸素の状況改善を期待できるのが、サプリメントなどで体外から補う方法です。

また、加齢によるコエンザイムQ10の減少は、老化以外にも、疲れやすさや体調不良の原因にもなり得ます。
わたし達の身体は血管や心臓を始めとする臓器など、すべて細胞からできているので、コエンザイムQ10の不足で細胞が酸化し老化すれば、心疾患や高血圧などのリスクも上がります。
サプリメント以外にも、青魚や肉、豆類、ほうれん草などの野菜にもコエンザイムQ10は入っています。
全体のバランスや、ほかの栄養成分、全体的な摂取カロリーなども勘案したうえで、うまく組み合わせて摂取し、老化防止に役立て、明るく元気な日々を過ごしましょう。

美容成分として注目されているコエンザイムQ10は、体内で不足すると、動悸や足のむくみ、冷え性、免疫力低下、疲れやすさなどの症状を引き起こします。
また、心臓の治療薬としても古くから知られており、心機能の健康保持のためにもコエンザイムQ10は体内に必須です。普段から生活の中に積極的に取り入れることをおすすめします。